りこ迷走から一年

しじみ母です。

りこ迷走から一年が経過してしまいました。未だ保護してあげることが出来ていなくて、りこちゃんに申し訳ないです。ご心配おかけしている皆さまと関係地域の皆さまにもご迷惑をおかけしたままで申し訳ありません。遠方からも捜索に駆け付けて下さり、切手ポスター等のご寄付や、ネット上での拡散へのご協力、さちこを預かってもらえることも助かりました。美味しい物を贈って頂くことも。メールで卒業犬猫の元気な写真をそっと送ってくれるさとおやさん。いろいろな形で支えて下さっている皆さまに出来るご恩返しは、りこ無事保護以外にありません。お届けの翌日に首輪抜けして迷子札どころか何も身に着けていない状態で迷走。一番あってはいけないケースです。こういう事態になっているのは、預かりの私の緊張感の欠如からとこの一年反省し悔い続けています。しじみの家で過ごせるのかなと思った矢先に違う環境へ移動させられどれだけ不安だったか。りこちゃんの逃げ出したいくらいの不安な気持ちを私が汲みとってさとおやさんにきちんと伝えていたら、せめてご家族と環境に慣れるまでは首輪だけでなく胴輪をつける必要性をお願いではなく必須としていたら、このような事態にはなっていませんでした。伝わっていなければ伝えたなんて言えないと痛感しました。以前捜索に関わったこともあり迷子の怖さを知らなかった訳でもないのに今までの経験も台無しにしてしまったことも自分の愚かさのひとつです。脱走から数か月間は皆様のおかげでりこを追うことが出来ていたのであの時に一瞬怖い想いをさせてでも強引にでも捕まえるべきだったかと回想するのですが、あの時はあれが精一杯でした。あの時はああしか出来なかった。捜索の流れに関しては皆さんのご尽力の元出来るだけのことをしてきたという想いでいます。やはりお見合い後~お届けまでの預かりとしての自分の怠りを省みる一年間でした。自分の生き方にも向き合った一年でした。何か依頼があっても私に請けられるのか考えては考えお断りさせてもらうことが多くなりました。命を預かることが怖い。りこちゃんの脱走は人生観が変わる出来事になりました。捜索中知り合い助けてもらい友達になって下さった方もいてりこちゃんにも優しいご縁がありますようにと祈り続けています。優しいご縁がある一方で世の中の厳しさも体感してきた年月でした。ブログのコメント欄には血の気がサーっとひくような厳しい助言もありました。何を言われても仕方ない。どう思われても仕方ない。過酷な想いをしているりこちゃんを想えばどんな言葉もすべて受け止めるという覚悟は持っていました。(でも弱っている人をこんなに追い詰めていい訳がないよね・・)我が子を迷子にさせてしまったご家族は、私だけでなくどのご家族も一日として我が子を想わない日はなく再会できるまで自分の一瞬の隙を悔いて過ごしています。チラシ配りをさせてもらっていると「どこかのお家で保護されているのでは?」励ましの言葉をかけて頂きます。私もお家にまだ帰れていない子たちはこの可能性が高いのではと思っているのですが、迷走中のりこの姿は「凛」としていました。豹のように走る姿は美しいとさえ思ってしまいました。りこちゃんに限ってはまだ放浪しているように思えてなりません。保護してもらえているといいのですが。何より飢えが一番心配です。交通事故ももちろん心配ですがりこは車の怖さを知っています。首輪がついていないのでりこのことを探している人はいないだろうと思われてしまうかもしれないので、今後もチラシ配布を続けさせてもらい一人でも多くの人にりこちゃんを知ってもらう中で、この子毎日ご飯を食べにくるよ。そんな情報にたどり着けるように努めていきたいです。りこちゃんはお腹を空かせ喉を乾かしていると思います。りこちゃんの現状を決して明るくは考えられませんが、りこが生命力の弱い子であったとしたらとっくに保護出来ていると思うのです。生きる力のある子だから放浪を続けていると信じています。この一年の間、もう諦めていいよ。って誰か言って。と思ったこともあります。もう死んでしまったのではと思ったこともあります。弱い自分でりこちゃんに申し訳ない。この一年間疲れもあり父さんとはよく喧嘩をしました。(私より父さんの方が捜索に出ています)これからは「チームしじみ」で助け合ってりこ再会に向けて進んでいきたいです。いつもりこのことも我が家のことも温かく見守って下さり心からありがとうございます。迷子のみんなが家族の元へ無事に帰れますように・・どうか宜しくお願い致します。


りこちゃんの目撃情報は09054393269までお願い致します。








にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
[PR]
by shijimisfamily_s2 | 2014-08-17 01:59