りこ脱走から年月が経ってしまいました。

しじみ母です。


りこちゃん。
今どこでどう過ごしているの?



現地で過ごしていた時の りこちゃん。
c0266644_0154715.jpg

2013年7月。
現地にいるはずのりこが
センターに収容されていて
c0266644_016427.jpg

この時、
センターから引き出してもらい
2013年7月21日。我が家で預かり。
希望者さんとお見合い。決定。
2013年8月15日。里親さん宅へお届け。
2013年8月16日。首輪抜けし迷走。
   ・
   ・
   ・
未だ保護出来ていない現状です。




迷子にしてしまうと
犬も、飼い主さんも、周りの人も
・・みんなが苦しいです。

そして逃がしてしまった子を捕まえるのは
本当に難しいです。





でも。
迷子にさせない対策は
何ひとつ難しくない。




胴輪と首輪
それぞれにリード。
それぞれに迷子札。

胴輪と首輪が犬の体に
合っているか緩みがないか確認。

リードは手首に締めて
(この写真の首輪は散歩用の首輪で、
首輪は首輪で常時つけています。)
c0266644_031480.jpg

ゲートを開ける前に
c0266644_0314166.jpg

リードを持つ。
c0266644_0315978.jpg

リードをしっかり持ってから
ゲートを開ける。
c0266644_0322217.jpg


出先から帰宅し
玄関を開ける時は、

もしかしたら、
ゲートが開いているかもしれない。と考え

玄関は、少しだけ開け、
ゲートが閉まっていることを
確認してから玄関を開ける。

ゲートと玄関が同時に開くことはない。

窓は開けない。

我が子を守れるのは家族だけです。
c0266644_049875.jpg


幸せにしてあげたい。
そう思って保護犬を迎えて下さっている里親さん。

犬も人も・・
ご家族の皆様に
幸せでいてほしいです。

誰にもこの想いを
味わってほしくないです。(:_;)

どうか我が子をお守りください。











りこのこと。ご心配おかけしたままで申し訳ありません。
引き続き情報をお願い致します。09054393269。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://shijiluv2.exblog.jp/tb/25904874
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 鉄母 at 2016-08-17 10:59 x
りこちゃんのこと。想い続けてひとときも心休まることがなかったことでしょう。つらいけれど、自分のできることにベストをつくすのみです。
我が家はゲートも玄関の先に門もありますが、最近ヒヤッとしたのは「来客時」です。宅配便や来客に興奮した鉄丸が、玄関ドアを開けると足元をすり抜けて外に出て、誰が来たのか確認しようとします。自宅内ではフリーでいるため、油断をすると飛び出しになりかねません。宅配便の人も、人によっては門を開けて入り、玄関の前で待つ方も居て門がきちんと閉めてない時は、どっきりします。とにかく玄関を開ける時は要注意です。事故が起きるまえにはたくさんの「ヒヤリハット」があるとリスクマネージメントの研修で学びました。「ヒヤリハット」をみんなで共有することが大事かもしれません。ちなみに、胴輪も首輪も抜けることがあると頭に入れて散歩してほしいです。鉄丸は公園で万歳をするかっこうになり、胴輪も首輪も抜けて肝を冷やしました。お友達と遊ぶときはリードがからまったりして要注意です。ナスカンもはずれます。我が家はねじ式のカラビナでリードをつないでいます。ナスカンではリードが外れることがあるので。(ブルブルってするとなぜか外れる時があります)レバーナスカンというものならまだ外れにくいです。脱走防止選手権、脱走防止対策オリンピックをやりましょう。
Commented by テク at 2016-08-17 20:04 x
二枚目のセンターでのお写真が、
捜索ポスターのお写真なのですね。
この時は、センターに収容されて、
よかったです。
どうか、あと一度、センターに収容されるという
事がありますように。

それでなければ、怖がりも克服して、
親切な人と暮らしていますように。
そして、その方が、どちらかでポスターを
ご覧くださり、ご連絡くださいますように。

Commented by みほ at 2016-08-18 00:54 x
もう3年なのか、まだ3年なのか。この3年間の母さんの心を思うと、色々な気持ちがこみ上げてきます。

「そして逃がしてしまった子を捕まえるのは本当に難しいです。でも。 迷子にさせない対策は何ひとつ難しくない。」本当にその通りだと思います。
犬は、どれだけ理屈を説明しても理解してくれない月齢の子供と同じだと思わなくてはと、私は思っています。だからこそ、何があろうとも手を離したらいけないんだよと。そのための対策は、「逃げられない様にする事」をする。それだけですものね。もちろん、本当に不運な事が重なり迷走してしまう事もゼロではないと思いますが、ほとんどは飼い主の驕りと怠慢だと思います。

母さまが、心から笑える日が来る事を、いつも願っています。
Commented by shijimisfamily_s2 at 2016-08-18 10:25
☆鉄母さん

私自身も何度か経験してきています。胴輪と首輪、両方抜けてしまったことも、ゲートを破壊されていたことも!まさに肝を冷やしました。「ヒヤリハット」をみんなで共有する。大事だな。と思いました。ナスカンとレバーナスカンの違いを検索してみました。ふつうのお店で売っているリードのほとんどがナスカンがついているように思うので、購入する時に違いを知って求めるといいですね。金額が少し高くなると思うけれど、捜索にかかる費用に比べたらすべての物は安い。です。脱走防止選手権、脱走防止対策オリンピック。我が家はまだまだメダルはとれないけれど。頑張ります。
Commented by shijimisfamily_s2 at 2016-08-18 13:27
☆テクさん

この捜索ポスターはそら母さんがつくってくれました。何度も手直ししてくれました。尻尾を下げて放浪していると思うのでこの写真はイメージしやすいなと思います。センターに収容されチップを読みとってもらえて連絡が入ることをいつも願っています。一番の願いは、優しい人のお家で家庭犬として過ごせていますように。。ひょんなことでポスターを目にしてもらえる。ということがあるので、奇跡がおきてほしいです。
Commented by shijimisfamily_s2 at 2016-08-18 13:47
☆みほさん

>何があろうとも手を離したらいけない。逃げられないようにすることをする。それを肝に銘じている私が逃がしてしまう事もゼロではないなと思っていて、この世の中で私が一番逃がしてはいけない人。そう思っています。当初りこの足取りを皆さんからの情報で追うことが出来、りこは、私たちが待っていた場所に、来てほしい夜にちゃんと来てくれました。それなのに捕まえてあげられなくて・・りこは私たちを裏切らないで来てくれたのに・・りこちゃんが今何を感じてどう過ごしているのかを知りたくて、今月またアニマルコミュニケーションの講義を申し込ませてもらいました。自分でも練習しているのですが、雑念の多い自分がほとほとイヤになります。
by shijimisfamily_s2 | 2016-08-17 01:27 | Trackback | Comments(6)