2013年 12月 09日 ( 1 )

衣笠での情報を頼りに

しじみ母です。

ご心配をおかけしているのに
更新が滞っていて申し訳ありません。

父さんはRADACの活動の基点である
多頭飼育現場の運搬ボラへ。
私は、次女さちこと捜索へ。

最近は、主に、横須賀の衣笠から情報をいただいた
「老夫婦が老犬を飼っていて、最近老犬は亡くなられたのかな・・
と思っていたら違う犬を連れていて、その犬がりこちゃんに似ていた。」

この情報を下さった方は
「りこちゃんではないかもしれない・・」とも仰っていました。

りこで、なくてもいいのです。
情報を寄せて下さりありがとうございます。
りこに似ている子でも会ってみたいです。
勿論りこだったら、嬉しいです。
りこであってほしいです。

警察やセンターには、
保護されている。という連絡は入っていません。

りこは、首輪も何も着けていなくて、
逃走期間がもうすぐ4カ月になってしまうので、
汚れてもいるだろうし、痩せてもいると思います。

保護して下さった方が、迷子犬とは思わず、
野良犬と思うかもしれないし
飼い犬だとしても、飼い主に捨てられたのだろう。
大切にされていなかったのだろう。
この子を探している人なんていないだろう。
そう、思われてしまっても仕方がないです。

私が最愛の犬を亡くし、彷徨っている犬と出会ったら
家族になる運命のようなものを感じると思います。

(※情報のこの犬は、りこではないかもしれません。)

さちこも沢山歩いてポスティングも頑張ったので、
通りが見えるレストランで休憩をとることにしました。
ジュースとパフェ、両方を注文させる贅沢をさせました。

散歩されている方が見えるよう窓側に座りました。

さちこが「トイレに行きたい」と。
「一人で行ってきて。」
「電気がどこにあるかわからない。」
私は、通りから目をそらすことが出来なかったので、
(トイレに付き添っている間に、りこちゃんが通ってしまうかもしれません!)
店員さんにさちこを頼もうと思っていたら、尿意がなくなったそう。。汗

いらぬ話に逸れてしまいましたが、とにかく私はずっと通りを見ていて、

レストランの前がガソリンスタンドで、犬を連れた飼い主さんが
ガソリンスタンドの従業員さんにりこのチラシを手渡して
下さっている姿が見えました。
3時間前にチラシを受け取って下さった飼い主さんでした。

急いで、レストランを出て、お礼を伝えさせてもらうと、
チラシを手にしてからもう10人以上の犬友さんに伝えて下さったとのこと。
「動物病院でポスターを見て知っている仲間もいましたよ。」と。

今、私は交通費がなくて毎日は捜索に通えなくて
こうしてお散歩中に皆さんに気にかけて頂けると
本当に助かります。本当に有り難いです。
皆さま。心からありがとうございます。

「もし、おじいさんとおばあさんがりこをこのまま飼いたい。
と思ってくれたら、このまま家族にしてくれるといいよね。
だって、母さんはりこちゃんを捕まえられなかったけど、
そのおじいさんとおばあさんは捕まえられたってことでしょ?」
と・・さちこ。(痛いところを突いてきます・・

りこであっても、りこでなくても、確認したいです。

りこでなかったとしたら・・
情報が全く途絶えてしまっているという状態です。



情報を寄せて頂ける際は、父さんの携帯番号。09054393269
またはshijiluv_s2☆yahoo.co.jp(☆を@に)へお願い致します。



家族との出逢いを待っている保護犬猫たちもお願い致します。
RADAC

[PR]
by shijimisfamily_s2 | 2013-12-09 00:34