2016年 03月 27日 ( 1 )

しじみ母です。

東京弁護士会主催
「人と動物の共生する社会の実現へ」
-動物殺処分における法的課題ーに
そら母さんと参加してきました。
c0266644_1415140.jpg



ペットショップで繁殖され、
消費者に飼ってもらえる犬猫は
全体のたったの25%程度。
あとの75%の子はどうなっているのでしょうか?

業者の不要犬の多くは
業者間を巡り巡ってどこかにいってしまい
実態がわからないという現実もある。

悪徳業者へ行政が法を適切に運用しきれていない。

たとえば、悪徳な行いには100万円罰金となっていても
注意指導だけに留まっている現状があり罰則も曖昧な部分が多い。

行政の腰をあげやすくするためにも、

弁護士会さんから
殺処分を含めた流通全体の問題解決への提案として

①愛護動物取扱業を登録制ではなく許可制へ。
 飼養施設の大きさ、ケージの大きさ、
 日当たりの確保、断熱の確保など、具体的な数値化に。

②マイクロチップ装着の義務化

③地域猫活動は、ボランティアに負担が集中してはいけない。

 千代田区で地域猫活動を実践し、
 全国で初めて猫の殺処分ゼロを実現された
 一般社団法人ちよだニャンとなる会、
 副代表理事の香取章子さんより。

 千代田区では、猫の情報はまず千代田区に寄せられ、
 千代田区がボランティアさんに協力を要請し、
 千代田区が手術等の財源をねん出。
 自治体がやっている。という意識がある。 
 地域猫のことは地域の人とボランティアさんがやるべきことではなく、 
 行政がやるべきこと。
 財源がない。という自治体があるが、
 不妊手術をして一代限りの命にしてあげる。
 このことだけをやらずして財源がないとは?
 千代田区に勉強しに来て下さい!・・と、お話がありました。

 
このほかにも、「犬を殺すのは誰かペット流通の闇」を出版された
朝日新聞の太田匡彦さんのお話しも、そら母さんともっと聞きたかったね!と。

ペット協会の業者側からの話もあって、
(会場からブーイングが出たりしていた。(*ノωノ)

環境省の方もなんか言っていたけど・・
う、う、思い出せない。(オコラレルヨ)

c0266644_1422136.jpg




閉会してから、
そらははさんは太田さんに質問に行って、
そらははさんの学ぶ気持ちが私は好きです。

とても有意義な3時間でした。
ここで終わりにしないで、
動物愛護法を勉強していかなくっちゃ。













キットくん。お顔が優しくなったような気がします。
c0266644_1431172.jpg




散歩から帰宅して
ちょっとリビングをのぞいてみました。
c0266644_1443415.jpg

わおんは写っていないけど
ぴよちゃんの後ろにいて、
吠えてはいなかったです(*^^)v

きっと。仲良くなれると思う。
その前に、飼い主さんのお迎えがあった方がいいけれど・・





わおんとぴよちゃんは里親様募集中です。
お見合いご希望者様はRADACアンケートよりお願い致します。


今日は猫さん里親会。よろしくお願い致します。
c0266644_1502431.jpg




情報は09054393269までお願い致します。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
[PR]
by shijimisfamily_s2 | 2016-03-27 12:27